アンパンマンを生んだ過酷な戦争体験 | 大分県託児付き美容室、大分県託児付きヘアサロン【ヘアメイクハウス シーラ】

ブログ

2013/10/05

アンパンマンを生んだ過酷な戦争体験

何のために生まれてきて

何のために生きるのか。

テーマは各々ありますが行き着くところは

みんな一緒なのかもしれませんね。。。

 

 

 

行軍したり、泥だらけになって這いまわったりするのは

一晩寝ればなんとかなる。

ところが、飢えはどうしても我慢できない。

 

食べられないというのはものすごくきついんですよ。

 

飢えれば人肉だって食べようという気持ちになるんだから。

 

仕方がないんで、その辺の野草を煮て食べたりしたんです。

まずいものもあるんだけど、大体は酸っぱいんです。

 

内地に残っていた銃後の国民の方がよほど辛いめを見てる。

たとえ、戦火に逢わなかったとしても飢えに苦しんでいる。

 

正義のための戦いなんてどこにもないのだ。

正義はある日突然逆転する。正義は信じがたい。

 

逆転しない正義とは献身と愛だ。

それも決して大袈裟なことでなく、目の前で餓死しそうな人がいるとすれば

その人に一片のパンを与えること。

 

自分は全く傷つかないで、正義を行うことは非常に難しい。

 

 

正しいことをする場合、必ず報いられるかというと

そんなことはなくて、逆に傷ついてしまうこともあるんです。

 

 

僕らも非常に弱い。

強い人間じゃない。

でも、なにかの時にはやっぱりやってしまう。

ヒーローとはそういうものだと思います。

 

困ってる人、飢えてる人に食べ物を差し出す行為は

立場が変わっても国が変わっても

「正しいこと」には変わりません。

絶対的な正義なのです。

 

 

生きてることが大切なのです。今日まで生きてこれたなら

少しくらい辛くっても明日もまた生きられる。

そうやっているうちに次が開けてくるのです。

震災も永遠に続くことはありません。

 

 

アンパンマンは『世界最弱のヒーロー』

ちょっと汚れたり、雨に濡れただけでもジャムおじさんに

助けを求める。でも、いざというときには、

自分の顏をちぎって食べてもらう。

そして戦います。

 

それは私たちも同じ。

みんな弱いけれど、

そうせずにはいられないときもあるのです。

 

 

 

アンパンマンのテーマソングは

『なんのために生まれてなんのためにいきるのか』

 

 

アンパンマンがみんなに愛される国民的アニメだというのが分かります。

 

このアニメの意味を全世界の先進国が理解し、発展途上国の食料不足で苦しんでいる

人たちと食べ物を分かち合う日がいつかくることを祈ります。

 

その場の困ってる人になにをしてあげれるのかを

どんなち時でも考えてあげれる人が一人でも多くなりますように。。。

 

 

 

一人ひとりの意識の変革やほんの少しの勇気や行動が

後世に伝えていける架け橋になるように思えてなりません。

 

 

 

アンパンマンにこんな深い意味があるとは(●^o^●)

改めて考えさせていただきました~confident

 

それでは、また今月現れますheart04

 

See you~

 

  • LINEで送る
PAGE TOP