| 大分県託児付き美容室、大分県託児付きヘアサロン【ヘアメイクハウス シーラ】

お知らせ

2014/11/20

昔とある町に、一人の男の子と一人の女の子が住んでいました。

 

男の子は、自分のペースで物事を取り組み、

「面倒くせぇ」と、言っては途中で飽きて、すぐにあきらめてしまうような子だった。

女の子は、何でも一生懸命に取り組み

「頑張れば何でもできる」と言っては頑張りすぎて疲れ果ててしまうような子だった。

 

そんなある日、二人が町で偶然に出会った。

良いところも悪いところもお互いにないものを持っている二人。

そんな二人が互いに惹かれあうのに時間はかからなかった。

 

 

男の子も女の子も

毎日が発見で毎日が真新しく

そして毎日を笑いあいながら楽しい日々を過ごしていた。

 

二人で過ごす時間の中で

男の子は最後まで一生懸命頑張る楽しさを知った。

女の子は自分のペースで無理せずに頑張る大切さを知った。

 

そうして幾日過ぎただろうか。

 

二人の会える時間も少なくなり

だんだんと男の子の心は離れていった。

女の子は悲しかった。

男の子の心が遠くへ行ってしまいそうで

自分一人置いていかれそうで

そして、この先一人ぼっちになってしまうような気持ちで怖かった。

 

そんなある日

男の子は女の子に別れを告げた。

女の子には理解出来なかった。

あんなに毎日が楽しかったのに何故男の子が女の子の隣からいなくなったのか

女の子には全く分からなかった。

それから女の子は誰かと出会うことが怖くなった。

誰かと出会いまた別れるのならだれにも会わなければいい。

 

家の中に一人でいれば、そうすれば

こんなに悲しい想いをしなくてすむ。

そういって家の中に閉じこもり毎日を過ごしていた。

 

それをずっと見ていた恋の神様は

見るに見兼ねて女の子にこんなことを聞いた。

 

「何故閉じこもっているのだ?」

この問いに女の子は

「閉じこもっていれば誰にも出会うことはありません」

と、答えた。

すると恋の神様は

「そうか・・・お前はそれで幸せか?」と、尋ねた。

女の子は

「幸せです。別れる悲しみがありませんから

あの苦しみがありませんから」と、答えた。

「そうか。私には幸せには見えなかった。

お前の心が泣いてるように見えたがお前が幸せならそれでいい」

そういって消えようとした

  • LINEで送る
最新記事Latest Article
2019/07/24

8月のお休み(^_-)-☆

カテゴリーCategories
PAGE TOP